HOME

水門会とは

 奈良市水門町にある写真家・入江泰吉先生の自宅に1965(昭和40)年頃から友人、親戚、弟子などがたびたび集い、親睦会、旅行、出版祝賀会、写真研究会などのさまざまな会を催してきました。いつしかこの会を地名にちなんで「水門会」と呼ぶようになりました。

水門会写真展

 「水門会」の催しのうち、写真研究会が発展して、1977(昭和52)年に写真の弟子たちと共に第1回の「水門会写真展」を大阪・梅田キヤノンサロンで開催し、その後は「入江泰吉と水門会写真展」として毎年、または隔年に同写真展を開催してきました。

会員

 会員は入江泰吉先生の弟子または孫弟子で、プロ写真家の公益社団法人・日本写真家協会(JPS)会員を中心に、入江泰吉先生に指導を受けたアマチュア写真家も参加し、生涯大和を愛し、視つめ続けて多数の作品を発表された入江泰吉先生の写真精神を受け継いで活動しています。また今までの水門会の活動に貢献した主な物故会員には、入江泰吉先生、井上博道君、小原直久君、木本義一君、樽井眞邦君、出合明君、橋本好祐君、村上好廣君、山田隆造君、吉田二郎君らがいます。

活動

 写真展会場は、キヤノンサロン、梅田阪神百貨店、富士フォトサロン、ミノルタフォトスペース、奈良市写真美術館、大阪府立近つ飛鳥博物館、万葉文化館、奈良市美術館などで、写真専門ギャラリーに限らず、幅広い会場で写真展を開催しています。

催し

 特に1988(昭和63)年に「なら・シルクロード博覧会」へ参加し、奈良隣山会(奈良の六大寺で構成する会)僧侶の方々の賛助出品を得て、東大寺の会場でヨーロッパから奈良へのシルクロード写真が総数282点という膨大な作品数の特別展を開催し好評を得ました。
 また1992(平成4)年1月16日、86歳で入江泰吉先生が逝去され、同年4月に「入江泰吉記念 奈良市写真美術館」が開館、また一回忌、三回忌の追善行事として講演会などの「水門会写真フォーラム」を開催しました。
 さらに定例の展覧会以外に、市町村公共団体などの要請を受けて特別展も開催しています。

近況

 近年では2004(平成16)年12月に奈良市美術館で「第15回水門会写真展」を開催、奈良市美術館始まって以来の多数入場者数でこれも好評を得ました。
 2007(平成19)年の「第16回水門会写真展」から「やまとごころ」のテーマのもとで5月連休に同美術館で開催し、会員作品と共に、会員が指導する写真愛好家の優秀作品も併催展示し好評を得ました。

 最近では2017(平成29)年の「第21回入江泰吉と水門会写真展」を同美術館で開催しました。

2017年7月現在


第1回「水門会写真展」案内はがき 1977(昭和52)年




HOME   会員情報   水門会写真展   水門会写真展風景   ギャラリー

 
入江泰吉忌

水門会事務局

630-8441 奈良市神殿町474-1 矢野フォトス内

電話:0742-62-5603 FAX:0742-63-0700


ホームページに関するお問合せは